力みなく振り抜いている柏原のウェッジでのスイング

柏原 明日架のウェッジの打ち方

<スポンサーリンク>

フルショットの飛距離を安定させよう

 まずは、自分が使う各ウェッジのフルショットの飛距離を安定させることから始めよう柏原の場合、ウェッジは4本、その打ち方は基本的に同じだ

 

スイングが一瞬止まったかと思えるぐらいの間をトップで作ることが、ダウンスイングのタメにつながる。
腰はその場で左斜め上に向かって切り上げるように回していく

 

ダウンスイングは下半身リードで
 ウェッジのフルショットで飛距離が安定しないのは、ピンに寄せようという気持ちが強いからです。
その結果、打ち急いだり、逆にインパクトで緩んだりしてしまうんです。
柏原選手が、ウェッジのフルショットで気をつけていることは、いつも同じスイングをできるかどうかだけ。
スイングリズム、スイングスピード、そして力の入れ具合が同じなら、飛距離は必ず安定します。
 再現性の高いスイングを身につけるには、ダウンスイングで腰が左へスエーしないように注意します。
スエーすると、フェースが開いたり閉じたりするだけでなく、体の動きが止まりやすいので、手打ちにもなります。
スエーを防ぐには、トップで一瞬の間を作ることです。
上手く間が作れないときは、トップで1秒間静止してからクラブを下ろしてみましょう。
そして下半身リードで、ダウンスイングを開始してください。
 下半身リードというと、どうしても左サイドに腰を動かしすぎてしまう人がいます。
それがスエーを生むケースも少なくありません。腰はその場で、足の付け根のラインに沿って左斜め上に向かって切り上げるように回していきましょう。
 ちなみに、フルショットとは、目いっぱいの力でクラブを振る事ではありません。自分がそのクラブをコントロールできる範囲の中で、最も振り幅の大きいスイングでのショットの事を言います。
まずは、自分なりのフルショットが何ヤードなのか把握してください。

 

グリップエンドから指1本分余らせてクラブを短く握ることで、力の入れすぎを防ぐことが出います。

 

トップで間を作り、左腰を斜め上に切り上げる。
フルショットで10球打ってみて、どれだけ飛距離にバラつきが出るのかチェックしてみよう。柏原選手は徹底してその誤差を小さくしたと言う。逆に言えばその誤差が無くなった時、ピンをデッドに狙える確率は飛躍的に伸びるでしょう。

ボールが転がる方向をコントロールする

ボールを右足寄りに置いて左回転球、左足寄りにおいて右回転球を打つ
 ウェッジのスリークオーターショットやハーフショットでフェードやドローを打つのは難しい。ボールに左右の回転をかけて、グリーンに落ちてから左右どちらかに跳ねさせるかをコントールしてピンに寄せていく。

 

ボールが跳ねる方向で転がりをコントロール
 ウェッジではスリークォーターやハーフスイングのショットを打つ場面が多くあり、滞空時間の短いコントロールショットでは、ボールを曲げるのが難しくなります。
 では、どうすればいいか?ピンが左サイドにあれば、ピンの右に落として左に跳ねさせます。ピンが右サイドにあれば、ピンの左サイドに落として右に跳ねさせるのが理想です。
つまり、ボールが転がる方法をコントロールするというわけです。

 

 ボールを左に跳ねさせるには、左回転の球を打ちます。通常よりボールを1個分右に置き、クラブを短く握ります。
スタンスはスクエア、クローズスタンスにするとボールが飛びすぎて距離感が変わるので気をつけます。
フェースを少しかぶせたら、インサイドからクラブを下ろし、ややピンの右サイドに向かってヘッドを出していきましょう。

 

 次にボールを右に跳ねさせる場合ですが、今度は通常よりボール1個分左に置き右回転の球を打ちます。
オープンスタンスで構え、フェースを軽く開きます。バックスイングは、早めに手首のコックを使ってクラブを引き上げるイメージ。
バックスイングはコンパクトになりますが、フォローでは手元を高い位置に持っていきます。
フェースを開いたぶん、飛距離が落ちることを計算しておきましょう。

 

:左回転球を打つときのポイント

  • 左回転を打つときは、通常よりボール1個分右にフェースをややかぶせる
  • インサイドアウトの軌道で打つ。ドローを打つ時と同じスイング軌道を意識

 

:右回転を打つときのポイント

  • 右回転球を打つときは、通常のボール位置より1個分左に置きフェースを軽く開く
  • 右回転をかけるときは、バンカーショットのイメージ
  • バックスイングでのアーリーコックとハイフィニッシュを作ることが大事

高い球でドローとフェードを打ち分ける

ドローを打つときもフェードの時も、右足体重でインパクト!
フェアウェイやラフにある高い木を超すような、高いショットを打つときは、ドローとフェードを打ち分けてピンを狙うことも可能だ

 

 高い球が必要になる木越えの場合は、フェースを開いて構えるハイフェードが基本になります。
大切なのはアドレス時の目線です。アマチュアの方は、目線を¥の置き方が甘すぎます。チラッと見ただけで、ボールを無理に上げようとするからミスが出るんです。
アドレスに入る前っから目線を高い位置にセットし、何度も木の上を見てください。自然と右足に体重が多く乗り、高い球を打つ構えになっていきます。

 

 ハイフェードはフェースを開き、ボールを通常より1個分左に置いてオープンスタンスで構えます。
目線を高く上げて右足に体重を多く乗せたら、アウトサイドに振り上げて、アッパー軌道でインサイドに振り抜きます。
ピンの左サイド狙いで、飛距離はマイナス5ヤードの計算です。

 

 状況によっては、ドローをかけないければならないときもあります。
クローズスタンスで構えますが、高いボールを打ちたいので通常より1個分ボールを左に置き、フェースを少し被せてください。
インサイドに振り上げて、アウトサイドに振り抜きます
フェード同様、右足体重は変わりません。
アドレスからインパクト後まで右足に体重を大木載せておきましょう。
通常よりボールが強く出てランが出るので、飛距離はプラス10ヤードの計算です。

  • ハイフェードの時はウェッジのロフト関係なくマイナス5ヤードの計算
  • ハイドローの時はランが出るのでプラス10ヤードの計算
  • 目線を高くすることで、自然と右足に体重が多く乗る。フェードを打つならオープンスタンスにしてフェースを開くだけ。ドローを打つときも、右足体重で構えてそのままインパクトを迎える。

ホーム RSS購読 サイトマップ