アイアンのバラつきが減るとアプローチが楽になる!

ショットメーカーのアイアンの打ち方

<スポンサーリンク>

:松村彩夏 自然なオンプレーンで振るコツ

大きく振り上げて大きなトップを作る
極端なインサイド軌道で振り上げるとプッシュのミスが出る

 

 コンパクトなトップを心がけて手元を低い位置に収めようとする人は、クラブをインに引きすぎる傾向があります。
スイングは極端なインサイド・アウトのドロー軌道なのに、フェースを開いたままのインパクトになってしまう場合が多く、右打ち出しのスライスやプッシュのミスが出がちです。
 問題は、インサイドに引きすぎて、ダウンでクラブを下すスペースがなくなっているところです。
もう少し大きなトップを意識すれば、クラブは自然に少しアウトに上がっていくので、正しいプレーン上に乗ります。
 手元を適度な高さまで上げるトップは、スイングアークが大きくなるので、ヘッドの加速力もアップしフェースをターンさせる余裕もできますよ。

  • インサイドに引きすぎるクセを直すには、大きめのトップを作る意識が有効。ややアウトサイドに上がるので、自然と正しい軌道で振り下ろせる。
  • 大きく振り上げてもオーバーすイングはNG。おお振りを防ぐには、体で回ることが大切。胸が上を向いてしまうほど無理に回さず、回れる範囲で回せばOK

:笠 りつ子 ラフの抵抗を避けるテクニック

ラフはヘッドを浮かして入れたい位置にセットする
芝の抵抗をどれだけ減らせるかが攻略のポイント

 

 深めのラフに入ったボールは、芝の抵抗を大きく受けるので飛びません。それを防ぎ、狙い通りの飛距離を出すコツは、ヘッドを地面にベタッとつけず、バンカーのように浮かして構えてください。
ベタッとソールしてから振ると、バックスイングやインパクト前にヘッドがたくさんの芝に触れてしまうので、スムースに振れなくなってしまいます。
 ソールを浮かして構えれば、芝に触れるのを極力抑えられますし「浮かした位置がヘッドを入れる場所」とイメージすると、ヘッドを上手に入れられるのでボールをクリーンヒットできます。

  • ヘッドを浮かして構え「その位置にヘッドを戻すように入れる」とイメージすると、芝を避けてボールをクリーンヒットできる
  • ソールを地面にベタッとつけて構えると、テークバッで芝が邪魔になる。同じ入射角でヘッドを入れると芝の抵抗が大きくかかってしまいます
  • ラフは芝がネックに絡まってフェースが閉じるので、フェースを開いた状態でアウトサイド・イン振る。フェースが自然に閉じてしまっても左へ飛ぶのを防げる

インパクトを安定させる 骨盤のタメ

 ショットの精度が高い選手は、骨盤の使い方が上手いです。骨盤はバックスイングで右に回し、トップで回転が止まります。
ここまでは、プロもアベレージゴルファーも同じですが、プロは切り返してクラブが下りてきてからも骨盤をすぐに左に回さず、右回転させた状態でキープしています。

 

 アマチュアは骨盤が切り返しから左回転するので、胸が開いてしまう。すると、ボールに合わせようとして、手元の操作が入ってしまいます。

 

これが、ショットが安定しない原因です。
骨盤をインパクト直前で一気に回転させる”タメてから解放する”動きを真似れば、体の開きを抑えてスクエアなインパクトが作れます。

 

ダウンスイングでお尻の右側が、飛球線後方を向いている時間が長い。骨盤の回転をガマンして遅らせて、右股関節にエネルギーをためつつインパクト直前で一気に骨盤を回転させている

 

:イボミ ダウンスイングの動きが完璧だからインパクトの精度が上がる

 イボミのスイングは、非の打ち所がない。特にダウンスイングの骨盤の使い方が上手いです。
切り返し以降、お尻の全体がなかなか見えないのは、骨盤を右回転させた状態が長くキープされているから。
そのため、バックスイングの軌道よりも少しクラブが寝て下ります。
 骨盤は、インパクト直前で一気に回転。体の開きが抑えられ、骨盤の角度も起き上がらずに一定になるので、インパクトがスクエアになります。
これは、ダウンで骨盤の回転を少し粘る意識を持つと簡単にできるので、ぜひ真似てみてください。
インパクト後は、完全に脱力し手首も柔らかく使っている。平らではない傾斜地でも、ヘッドの抜けがよくなってライへの対応力も上がります。

 

:藤田 光里 エネルギーを股関節に溜め、股関節のエネルギーで飛距離を出す!

 ツアープロの中でも屈指のショットメーカーである藤田光里のアイアンは、体を沈ませてからジャンプして打つのが特徴。
「スイング中は頭を動かしてはいけない」というのはよく聞きますが、じつは逆に止める箇所が多くなってしまうと自然な動きができません。
 藤田光里はアドレスよりも切り返し以降で頭が下がってきます。同時に右足で地面を蹴っている。つまり、ダウンで上半身は上に動いています。
これが飛距離を伸ばすコツ。右股関節に大きなエネルギーが溜まり、インパクトでそれぞれを解放する。
腕は力が抜けているので、リリースも自然にできています。

 

:香妻 琴乃 高い位置からクラブを下し、腕とクラブの重さで飛ばす!

 香妻琴乃の飛距離の源は、トップでシャフトがクロスしていることにあります。好ましくないトップといわれれますが、右ヒジが高いクロスシャフトは大歓迎。
右ヒジが高くてもダウンで右ワキ腹に引きつけてくれば、クラブを高い位置から下せる分、位置エネルギーが大きくなるので飛距離が出ます。
シャフトがクロスするのがなおらないアマチュアの方は、香妻琴乃のような右ヒジの高いトップをマネて見てはいかがですか?
その時に、高いフォローもマネてください。
目標方向にヘッドが出るので、ラインが出て方向性もアップできます。

 

:原 江里菜 インパクトゾーンが長いのでラインが出る方向性の良いスイング

 左肩を下げてテークバックし、右サイドに大きなエネルギーを溜めています。そして、ダウンで胸を右に向けている時間が長いのが特徴。
インパクトで胸が開かずに体の正面でボールをとらえているので、右サイドに溜めたパワーをもれなく伝える効率のいいスイングです。
インパクト直後に左手首が手のひら側に折れえますが、これによりクラブと腕が一本化してスイングアークが大きくなり、インパクトゾーンが長くなります。
アマチュアは、左手首を甲側に折ってしまう人が多く、クラブが跳ね上がって小さな円しか振れませんので、彼女の左手首を真似ましょう。

 

:柏原 明日架 クラブの使い方がキレイ!インパクトで体が開かない!

 アドレスが美しいです。完全に脱力しているので、なで肩の状態でクラブが握れています。
左右の上腕を胸の前から外さずにバックスイングしているので、コンパクトでキレイなトップが作れています。
好調の秘訣はダウン。右足で地面を右回りに蹴っている。ダウンスイングでは骨盤の開き、インパクトでは体の開きが抑えられるので、ショットの精度が大きくアップします。

 

:大江 香織 遠心力を利用してヘッドを加速!非力・小柄でも飛距離を伸ばせる!

 ハンマー投げみたいに遠心力を使うことで、ヘッドを走らせ飛距離を伸ばしています。インパクトからフォローにかけてクラブを振り抜くときに、頭はアドレス時より右側に寄る。クラブヘッドと頭が引っ張り合う状態を作ると、ヘッドはギュンっと加速していきます。
アマチュアの方が真似する時は、体重が右足に残らないよう注意して左足を軸にした回転で振りましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ