ティショットを失敗してもFWで長い距離を挽回できちゃいます!

女子プロのフェアウェイウッドの打ち方

<スポンサーリンク>

:酒井美紀 残り200ヤードからグリーンオン

テークバックが大事!三角形キープでソールが滑る
 残り距離が200ヤードの場合、酒井美紀選手は5Wを選択します。
FW特有の幅広ソールを滑らせるためには、手を使わずに体の回転で打つことが基本ですが、インパクトだけを意識してもうまくいきません。
 ポイントは、アドレス時の「肩と腕の三角形」をキープしたままテークバックすることです。
こうすれば手首をコネにクラブを真っすぐに引くことができ、体がしっかり回転します。 その結果、インパクトでも三角形を再現しやすくなり、体の上下動を防止しソールがきれいに滑ってくれます。

  • ソールを滑らせながら、ヘッドを低く長く出せばロフト通りの飛距離で真っすぐ飛ばせる
  • テークバックで三角形をキープしながら、フェースをシャット(閉じ)気味に引くのが特徴

:森田理香子 クリーンヒットの必須条件

うまく当てる事よりも体の左上への振り抜き重視!

 

 FWは払い打つとよく言われますが、森田理香子選手はおすすめしていません。
FWはボールを上げようとする意識が働きますが、すくい打つ意識はインパクトで右肩が下がるなどのミスが出やすくなってしまいます
インパクトゾーンでの入射角をゆるやかにしようとすると、手先でヘッドをコントロールしてしまうので、スイングが手打ちになり、ダフリ・トップが出やすくなるからです。

 

 それよりもフォローの形を意識してください。クラブを体の左上に振り抜く形を作ると、軌道は自然にアッパーブローになり、ボールを左寄りにセットしておけば上げようとしなくても高い弾道が打てます。

 

 また、フォローだけを意識すれば、ボールにあてようとしなくなる。これもミスを防ぐコツになります。

  • 左足かかとの前にボールを置くと、ボールが上がりやすい。
  • グリップを指2本分、短く持ってクラブもコントロール性も上げる
  • ボールに合わせるインパクトはNG。
  • インパクトを意識せず「ボールは通過点」と思って振り抜くと軌道も打点も良くなる

:佐藤絵美 ミート率を上げる練習方法

FWは入射角が命!ティアップ打ちでミート&高さをチェック!
FWは地面から打てないと悪いクセが付きやすい

 

 FWは長くてロフトが立っているぶん、ボールを無理に上げようとすると、すくい打ってダフったり、逆に打ち込みすぎるとロフトが立って高さが出なかったりします。

 

 FWを上手に打つ佐藤絵美選手のおすすめの練習方法は、地面からではなくティアップしたボールを打つことです。
その方が、簡単にボールをミートできるので、うまく打とうとすることで悪い動きが出たり、変なクセが付いたりしません。

 

 ティアップしたボールを打ったら、打球の高さに注目。
理想はレベルブローで払い打つことなので、ロフトどおりにボールが上がっているかをチェックしてください。

 

この練習を繰り返せば、地面から打ってもボールが自然に上がるようになりますよ。

  • 地面から打つとボールを上げようとして、打ち込んだりするクセが付く。
  • ティアプすると打ちやすくなるので、正しいヘッド軌道を意識できる。払い打つようなイメージで練習しましょう。
  • 高さを出すのはスイングではなくロフトです。
  • ヘッドが緩やかな角度で入れば、ボールはロフト通りに上げらます。

:金田久美子 FWはアイアン感覚でダウンブローに打ち込む

FWを払い打とうとする意識が上手く打てない原因かも?

 

 FWが苦手な人は多いです。シャフトも長いし、地面の上のボールをキチンんと打って遠くへ飛ばさないといけないので、難しいクラブだと思います。

 

 ソールを滑らせるように「払い打つ」とうまく打てる、とよく言われますが、。それでもミスが出てしまう人は、滑らせようとする意識がいけないのかもしれません。

 

 払い打とうとすると、ヘッドを早く低い位置に持ってこようとして右肩が下がったり、体ごと左に突っ込んでしまいます。

 

これらは、ミスヒットの大きな原因になります

 

 ヘッドが手前から入ってダフリがちな人は、FWもアイアンの延長線だと思って打ってみてください。

 

実際に金田久美子選手も、アイアンと同じ感覚で打ち込んでいいるそうです。

 

ダウンブロー気味に打ち込めば、地面ではなくボールからヒットできて、ヘッドが少し手前から入ってもソールが広いのできちんと地面を滑ってくれます。

  • 払い打つためにヘッドを低く動かそうとすると、右肩が大きく下がってしまうのでダフる、FWでもダウンブローに打ち込むのがキンクミ流だ
  • クリーンヒットは軸のキープが重要、軸ブレだけでなく上下も大切なので、前傾角度を変えずに振り続ける意識を強く持とう

ホーム RSS購読 サイトマップ