申 ジエのスイング アイアンショット

申 ジエのスイング アイアンショット

正確無比なアイアンショットのヒミツは切り返しとフォロースルーにあり!

女子ゴルフスイング

正確無比なアイアンショットのヒミツは切り返しとフォロースルーにあり!

 

申 ジエの強さは、正確なアイアンショット!
ピンに絡みバーディーを奪うそのショットで、昨年バーディー数2位の極意に迫った!

 

:トップスイングで一瞬止まって“間”をつくることによって、正確なインパクトを迎えやすくなり、ボールにパワーが伝わる。

 

:トップからの切り返しは、左足親指でグッと地面を踏み込むと、左サイドにカベができる。

 

 

  • 正確なアイアンショットを打つためには、タイミングよくジャストミートさせることです。
  • 特に、注意しているのはリズムです。
  • 打ち急いだり、ダウンスイングで体が突っ込むと、ミスヒットを招き、狙った距離、方向にボールを打てません。
  • まずアドレスでは、バランスよく振るために体の重心を下げて、下半身をどっしり構えます。
  • その際、つま先寄りに体重をかけて前傾姿勢をしっかりととります。

 

スイング中に気をつけているのは、トップスイングの”間”です。
一瞬止まるイメージを持つことによって打ち急ぎを防ぎます。
”間”をつっくた後の切り返しは、左足親指をグッと踏み込むことから始動します。

 

下半身から動くことになり、上体が突っ込みません。
また、左足の内側から体の左サイドに体重を感じられるので、いわゆる左サイドのカベができてインパクトでズレることなく、強いボールを打てます。

 

そして、インパクト後もボールのあった位置を見続ける意識で頭を残して、低く長いフォロースルーを意識すると方向性も良くなります。

 

申ジエのパッティング

ボールを芯でとらえるには低く長いフォローが必須

 

 緊張した場面でもしっかりとボールの芯をとらえるには、フォローでヘッドを低く長く出すことが大切です。
フォローでヘッドが高く上がってしまい、入れなくてはいけないパットと外した経験はありませんか?

 

申ジエがいつもやっている、ストロークを強制する練習法を紹介

  • パターとボールのほかに、クラブとティを用意してください。
  • 練習グリーン上にティを刺し、その上にクラブのグリップ部分を置きます。
  • ティの上に置いたグリップエンドに、パターのヘッドとボールが当たらないようにティの高さを設定します。
  • 最初は、グリップエンドの真下にボールをセットしてください。
  • ヘッドがグリップの下を通るようにボールを打てれば、低くヘッドを出せている証拠。
  • 慣れてきたら、ボールの位置をボール2個分右に置いてみましょう。
  • フォローでヘッドが低く、そして長く出せていないと、ティの上に置いたクラブにヘッドが当たってしまいます。

 フォローでヘッドを低く長く出していくコツは、手首を使わないことですが、一番大事なことでもあります。
手首は器用に動き、油断すると無意識にこねて、距離感を調整してしまうので気を付けてください。

ゴルフスイングの基本をマスターする

ゴルフに限らず何事も基本が重要です。
これからゴルフを始めようと考えているなら、基本のゴルフスイングをマスターしてください。

 

具体的にどうすればごゴルフスイングをマスターできるかは、練習の説明が掲載されている書籍やサイトを読んでみると良いでしょう。

 

必要ならゴルフレッスンを受けてみてはどうでしょうか?

 

多くの人が基本を疎かにして、見た目やスコアばかりを気にしています。

 

基本がマスターできていなければ、いずれ行き詰まってゴルフが楽しくなくなってしまうでしょう。

 

ゴルフスイングの基本はグリップ、アドレス、バックスイング、フォロースイングに分かれ、それぞれの基本的なポイントを押さえることが重要となります。

 

もちろん、基本のゴルフスイングは簡単にマスターできることではありません。
ただし、効果的な練習を行う事によって、確実にゴルフは上達するはずです。

 

初心者に限らず、ゴルフスイングに迷いが出た時は、しっかりと基本のゴルフスイングを究めておくことをおすすめします。

 

自分がどの程度うまくなるかを考えた時に、基本をマスターしているかどうかは非常に重要になてきます。

 

頭で理解するのではなく、体がゴルフスイングを理解するようにしましょう。
簡単ではありませんが、毎日自宅でゴルフスイングの練習を行いましょう。

 

動画を撮影して、じっくりと研究してください。
だんだんとうまくなっていく自分を見ることができるでしょう。
コースに出て、うまくボールをコントロールしている自分が見えるかもしれませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ