スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

飛距離を伸ばす練習方法

<スポンサーリンク>

プロのゴルフスイング

ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



飛距離を伸ばす練習方法

飛距離を伸ばしたい場合、ドライバーとタオルを用意してください。

 

タオルをドライバーのネックに巻き付け、素振りをします。

 

タオルは取れないようにしっかりと巻いてください。

 

そして、地面からヘッドを離して、タオルが地面につかないように素振りをしましょう。

 

ネックにタオルを巻きつけると重みが出るので、手打ちを矯正することができます。

 

手打ちは飛距離が伸びない原因のひとつですが、これを直すのにとても向いている練習方法なのです。

 

また、打ち急ぎが原因で飛距離が伸びない人にも向いています。

 

ポイントはヘッドスピードが最速になるタイミングです。

 

フォローではなく、インパクト時にヘッドスピードが最速になるようにしてください。

 

もし、フォローの時に最速だとインパクト時には遅くなってしまって、飛距離が伸びなくなります。

 

どれだけ強い力をインパクトの時に伝えられるのかが重要です。

 

このことを意識して、タオルとドライバーを使った練習をすることで、飛距離がアップすると思います。

練習量が多くても上達できない理由

ボールをたくさん打てば勝手に上手くなると思っている人も少なくないはずです。

 

しかし、ただボールをたくさん打つだけでは、なかなか上達するのは難しいと思ってください。

 

練習量が多いに越したことはありませんが、それよりも重要なのは質です。

 

どれだけ質の高い練習をしているのかが重要になります。

 

練習時間が少なくても上手い人と練習時間が多くても下手な人の差はここにあるのです。

 

これはゴルフに限らず、スポーツや勉強にもいえることです。

 

例えば、以下のようなことを意識して、練習すると上達しやすいです。

  • 目標を決めて打つ
  • 考えて打つ

 

やみくもに遠くに飛ばそうとするのではなく、目標を定めて、そこをめがけて打つようにしてください。

 

実際のプレーを想定して打つことで、ボールをコントロールできるようになります。

 

それに、一打一打しっかり考えて打つようにしましょう。

 

どうして思ったところに飛ばないのか、フォームがおかしくないかなどを考えて打つことで、効率のいい練習ができます。

打ちっぱなしで練習するメリット

打ちっぱなしには行った方がいいのでしょうか?

 

結論からいうと行った方がいいです。

 

打ちっぱなしには以下のようなメリットがあります。

  • 飛距離が分かる
  • 感覚を取り戻せる
  • 実際に打球を確認できる
  • 好きな時に好きな分だけ打てる

 

打ちっぱなしに行くと自分の飛距離の限界が分かります。

 

どのクラブで打てばどのくらい飛ぶのか知ることができ、距離感を養うことが可能です。

 

これは実際のプレーにおいて重要なポイントになります。

 

それに、久しぶりにゴルフをする人にとっては、感覚を取り戻すのにちょうどいいです。

 

好きなだけ打てるので、次第に昔の感覚を取り戻せるはずです。

 

また、実際に自分が打った打球を確認できるため、何を修正すればいいのかが分かります。

 

そして、好きな時に好きな分だけ打てるので、時間がない人でも練習しやすいです。

 

練習時間が少ないとプレー中に他の人に迷惑をかけることが多くなり、気まずい雰囲気の中でプレーしないといけません。

 

しかし、打ちっぱなしである程度上手くなってからゴルフ場に出ることで、周りの人に気を遣うことが少なくなるはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ