スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

残り100ヤードが苦手、ショートホールが苦手な場合の克服法

プロのゴルフスイング

ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



ショートホールが苦手な場合の克服法

ショートホールが苦手という方も多いと思います。

 

では、この苦手を克服することはできるのでしょうか?

 

結論からいうと、克服することは可能です。

 

克服するには、以下のようなことに注意しましょう。

  • グリーンの真ん中を狙う
  • 迷わない
  • 気持ちに余裕がある時こそ注意する

 

まず、グリーンの真ん中を狙うようにしてください。

 

細かくコースを狙おうとすると、とんでもない方向にいってしまう可能性があります。

 

いつでもグリーンの真ん中を狙うという気持ちで打てば、安定したゴルフができるでしょう。

 

それに、「こうした方がいいかも」とか「こうしてみようかな」などと迷いが生まれた時は、ミスをすることが多いです。

 

あれこれと考えず、迷いを全て断ち切ってから打ってください。

 

また、気持ちに余裕がある時は、欲が出てしまいます。

 

欲が出てしまうと、普段とは違うスイングをしてしまって、大きなミスを生みやすいです。

 

余裕を持つことは大切ですが、適度な緊張感も必要だということを理解しておきましょう。

残り100ヤードが苦手な場合

残り100ヤードが苦手な場合、どうすればいいのでしょうか?

 

克服するために大切なポイント

  • スイングを変える
  • グリップを短く持つ
  • スタンスを狭くする

 

まず、スイングを変えて、飛距離を調整するというのが重要になります。

 

ハーフスイングに変えることで、飛びすぎを防ぐことができ、狙ったところへ打ちやすくなるはずです。

 

また、グリップを短く持つというのも、効果的な方法なので試してください。

 

短くすることで中途半端な距離に対応することができ、飛びすぎを防止できます。

 

それに、距離をコントロールしやすくするために、スタンスを狭くするというのも大切です。

 

スタンスを狭くするとスイングが小さくなるので、必然的に距離を抑えることができますし、コントロールしやすくなります。

 

あまりにもスタンスを狭くすると打ちづらく感じるかもしれませんから、色々試されてください。

 

こういったことに注意して残り100ヤードに挑めば、苦手を克服できるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ