スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

ボディーターンのコツ

<スポンサーリンク>

プロのゴルフスイング

ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



ボディーターンでスイングするコツ

身体をねじってパワーを蓄積し、そのパワーを無理なく効率的にボールに伝える必要があります。
そんなゴルフスイングを行うには、身体を上手に回転させる必要があります。

 

スムーズなゴルフスイングを行うためには腰、両肩を上手に回転させなければなりませんが、もう1つ大切なものに「頭の回転」があります。
アドレスからトップ、そしてダウンスイングからフィニッシュにかけて必ずしも「頭の固定」にこだわらなくても良いと思います。

 

身体の回転に伴い、自然な状態で左右に動いてしまうことは問題ないと言われています。
頭の回転を確認する方法として「鉛筆を口にくわえる」という方法があります。
鉛筆をくわえてゴルフスイングをし、スイングの過程で自分の頭が身体のターンと同じように自然にターンしているかどうか確認する方法です。

 

アドレス時は鉛筆の先がボールの少し右を指しているように構え、バックスイングでは両肩と腰が回転しますが、その回転とともに頭も自然に右側に回転させましょう。

 

トップからインパクトにかけては身体の回転とともに、頭も元も位置に戻るように回転させます。

 

インパクトの瞬間は、鉛筆も先がアドレス時と同じ方向に向くようにし、頭がいつまでも同じ位置にあるとフォロースルーはスムーズに行うことができません。
そのため、インパクト後は身体の回転と同じように頭も回転させてあげましょう。

 

フィニッシュの時には、鉛筆の先が目標方向を指しているように頭の位置を決めてあげます。

 

鉛筆の代わりに「ティー」を使用しても良いかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ