スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

アンプレアブルとドロップの仕方

<スポンサーリンク>

プロのゴルフスイング

遂に登場!スコアにコミットするRIZAP GOLF
  • 専属プロコーチのマンツーマンレッスン
  • オリジナルデータシステムによる先端の科学的分析
  • 様々なコース環境を再現し、実践に即したトレーニングが可能
  • オンライン自習システム「シュクダイ」で、毎日プロコーチが徹底指導
あなたのゴルフをデータ分析する実力診断、無料受付中

詳しくはこちらをクリック


ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



アンプレアブルについて

ゴルフ用語でよく聞くのが「アンプレアブル」という言葉です。

 

このアンプレアブルというルールを正しく理解していない人も意外に多いです。

 

では、アンプレアブルとはどのようなルールなのでしょうか?

 

まず、打てない場所にボールを打ってしまった場合に便利なのがアンプレアブルです。

 

アンプレアブルを宣言した場合、以下の3つの処置から自由に1つ選ぶことができます。

  • 元の場所から打ち直し
  • ホールとボールを結んだ後方線上にドロップして再開
  • ホールに近づかない場所で2クラブレングス以内にドロップ

 

元の場所から打ち直すことが可能です。

 

バンカー内にボールがあっても適用されます。

 

ホールとボールを結んだ後方線上にドロップして再開したり、ホールに近づかない場所で2クラブレングス以内にドロップすることも可能です。

 

ただし、アンプレアブルを宣言した場合、1打罰を受けることになります。

 

一打罰で選択肢が増えるので、初心者の方は上手く活用された方がいいでしょう。

ドロップの仕方

ゴルフにドロップという救済処置があります。

 

例えば、ウォーターハザードや修理地にボールがある場合に使います。

 

ドロップをする場合、ボールを持った腕を真っ直ぐ前方の伸ばしてください。

 

そこからドロップエリアにボールを落としましょう。

 

これがドロップの正しいやり方です。

 

また、ハザード内に転がって止まった場合、パッティンググリーン上に行ってしまった場合、OB区域に行ってしまった場合、元の場所に転がった場合、元のボールよりもホールに近い場所に行った場合などは再ドロップになります。

 

そして、2回目のドロップでも1回目と同じような状況になった場合は2回目の落下地点に一番近い場所にボールをプレースします。

 

ただし、ボールが人に当たった、ボールが携帯品に当たったなどは再ドロップに制限がありません。

 

そのため、2回目でもボールが人に当たった場合もまた再度ドロップすることになります。

 

ゴルフ初心者の方は知っておいた方がいいルールです。


ホーム RSS購読 サイトマップ