スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

ゴルフアプローチのコツとバンカーショットのコツ

プロのゴルフスイング

ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



ゴルフアプローチのコツは3つあります

ゴルフアプローチのコツ

  • 全体をよく見る
  • 最適なクラブを選ぶ
  • 落下地点を考える

 

まず、全体をよく見ると言うことですが、バンカーがどこにあるのか、グリーンまでどれくらいかなど、コースを確認しておきましょう。

 

「気づいたら池があった」なんてことがないように、打つ前にしっかりと頭に入れておいてくださいね。

 

次に、最適なクラブを選ぶと言うことですが、距離だけ伸ばしても意味がありません。

 

攻め方によっては刻んで丁寧にグリーンまで運んだ方がスコアが良くなる場合もあります。

 

あまり飛距離にとらわれないようにしてください。

 

最後に、落下地点を考えると言うことですが、理想の位置に落とすことができない方に多いのは、傾斜を考えていないことです。

 

下っていればよく転がりますし、上っていれば止まってしまいます。

 

上記を見て分かる通り、ゴルフのアプローチに必要なのは判断力です。

 

その状況に合わせてアプローチできるように、冷静な判断を心がけましょう。

 

また、手間を惜しまず、コースの状態を常に確認して回るようにしてください。

 

これらのことに気をつけるだけで、アプローチが格段によくなるはずです。

バンカーが苦手の場合

バンカーの脱出が苦手な方は、最後まで振り抜くことを意識してください。

 

上から振り下ろすことも大切ですが、これはほとんどの方が実践できていると思います。

 

振り下ろすことだけ気をつけていると、ダフってしまいます。

 

そこで、スイングをする際に振り抜くことがバンカー脱出のコツなのです。

 

体重をしっかりと後ろ足にかけ、太ももに手を当てるような気持ちでスイングします。

 

そうすると、砂にぶつかることなく上手にリカバリーできます。

 

バンカー脱出が苦手な方は、上手なリカバリーを目指す前に、確実に一打でバンカーから出られるようにしてください。

 

コツを掴んだ後は、バンカーの状態や傾斜を確認しつつ、脱出をしましょう。

 

ゴルフをやる方が必ず一度は躓くバンカー。

 

なかなか練習する機会もないので、苦手に思っている方も多いですが、上記のことを気に掛けるだけで上達するはずです。

 

スイングを止めずに、最後まで振り抜くことを頭に入れて挑戦してみましょう。

 

スイングにクセがついてしまっている方は、一度ゆっくりと素振りしてみるなどして、基本を忠実に守るようにしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ