スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

初心者のゴルフ場デビューについて

プロのゴルフスイング

ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



初心者のゴルフ場デビューについて

ゴルフ初心者がゴルフ場デビューで気をつけることは、何よりもまずマナーです。

 

ゴルフは紳士のスポーツですから、マナーが守れないと自分だけでなく、同伴者にまで恥をかかせることになるでしょう。

 

服装はもちろん、ピッチマークを直す、パットラインを乱さないなど、守るべきマナーはたくさんあります。

 

また、初心者のうちは特に、プレーファーストを心がけてください。

 

同伴者であれば、初心者だからもたついたり、時間がかかっても仕方ないとある程度は許してくれるでしょうけど、次の組の方を待たせるのはよくありません。

 

移動は駆け足で行い、ショットにも必要以上に時間をかけないようにしたいものです。

 

もし、ショットに失敗して、隣のホールや人がいる方向に打ってしまったら、「ファー!」と大きな声で叫んで注意を促し、打球が人にぶつからないようにしましょう。

 

それから、意外と初心者がやってしまうのが、グリーン上を足を引きずって歩いてしまうこと。

 

普段の感覚で歩くと、ゴルフシューズの底の突起がグリーンを乱してしまう恐れがありますから注意が必要です。

最初に打ちっぱなしに行ってはダメ

ゴルフ初心者がとりあえず最初は打ちっぱなしに行く・・・というのは、あまりオススメできません。

 

始めのうちは上手く打てるはずもないので、周りに迷惑をかけまくって、ゴルフそのものが嫌になってしまう可能性もあるでしょう。

 

もし、打ちっぱなしに行くのであれば、打ちっぱなしに通ったことのある知り合いと一緒に行き、システムやマナーなどを教わってください。

 

そんな都合のいい知り合いなんていない!というゴルフ初心者には、ゴルフ教室に通うことをオススメします。

 

我流で練習して変な癖をつけてしまう前に、多少の費用はかけてもきちんと基本から教わる方が早く上達できますし、ゴルフが楽しくなるはずです。

 

どうしても自分一人でゴルフを始めたいという場合には、予めゴルフ練習場の料金システムを調べた上で、グローブを用意して行くといいでしょう。

 

ゴルフクラブはレンタルできますが、グローブをゴルフ練習場で買うと割高なので、ゴルフショップなどで事前に購入しておいた方が安くつきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ