スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

アプローチとパットを上達するポイント

<スポンサーリンク>

プロのゴルフスイング

ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



アプローチの上達法

アプローチはどのようにしたら上達するんでしょうか?

 

アプローチが上手くいかない人は、手打ちになっている場合が多いので、まずは手打ちになっていまいか確認してください。

 

フォームに問題がないのなら、あとは数を打ってボールコントロールの感覚を身につけましょう。

 

目標を設定して、そこに確実に落とすように練習します。

 

実際のコースを想定して、長め、短めと距離を変えて打つのもいいです。

 

アプローチで寄せた後、1パットで入れようと思わずに、2パットを目標にして打つのも上達のポイントになります。

 

1パットで入れる距離まで狙ってしまうと、失敗しがちになりますから欲張らずにより安全なところを狙いましょう。

 

練習場では、思いっきりドライバーを打って、ストレスを解消したいところですが、アプローチの練習にも十分な時間を割いてください。

 

アプローチが上手な人は、1回の練習のうち、少なくても3分の1くらいはアプローチに費やしています。

 

苦手意識を払拭できるくらいたくさん練習して、狙ったところに打てるようなボールコントロールを身につければ、アプローチが得意になり、アベレージも安定してくると思います。

パターの上達法

パットが上達するコツとして、特に重要なことを紹介します。

 

・ボールではなく、カップを見て打つ
パットの距離感が掴めない場合は、カップをみながら打つと距離を掴みやすくなります。
ただし、距離ではなくて方向性の問題でパットが入らない場合は、ボールを見ながら打った方がよいでしょう。

 

カップをみて距離を測り、ボールに目を落としたらすぐに打つという間をとった方法もあります。

 

・頭を動かさない
パットを安定させるには、両足、両腕、手首、肩、全てを固定する必要があります。
パッティングフォームのままロックした状態で、肩でボールを押し出すようにして打つと安定しますが、頭を動かしてしまうと体全部が動いてしまうので、頭はなるべく動かさないようにしましょう。

 

・パット練習は、様々な距離から力の強弱をつけて打つ
いつも一定の距離、同じ力加減で練習していると、実際のグリーンではあまり役に立ちません。

 

カップの向こう側に跳ね返るくらいの強さで打ってみたり、あえてカップの手前で止まるように打ったりと、工夫して練習することをオススメします。


ホーム RSS購読 サイトマップ