ゴルフスイングの正しい左肩の使い方が飛距離もスコアもアップする

ゴルフスイング 左肩の使い方

左肩リード理論の基礎「スライド&ターンで飛距離を伸ばす方法」

左肩リード理論の基礎 スライド&ターンで飛距離を伸ばす方法

 

左肩のスライド&ターンで脱ダブリ宣言
上手なゴルファーのアイアンショットには共通点があります。
ハンドファーストをキープしたまま、ダウンブローでインパクトを迎えています。

 

しかし、左肩の動かし方をちょっと変えれば、ダブリぐせのあるアベレージゴルファーもダウンブローは可能です。

 

そのコツはとっても簡単なので アイアンショットに悩んでいる方はぜひ実践してください。

 

ダウンブロー 打ち方

左肩をスライドさせれば自然とダウンブローの形になる!
腕の振りを変えなくても、手元が先行するからダブリが少なくなる

 

アイアンは、なぜダウンブローで打つのがよいか?
地面にあるボールはアッパーブローで打てないからです。

 

アッパーブローは軌道の最下点がボールのブールの手前になるので、ダフリかトップになります。

 

では、多くの方がダウンブローでで打てないのはなぜでしょうか?

 

大半の場合は、ダウンスイングで左肩の左(目標方向)への動きが止まってしまういます。
そうなると、手元も左に動かないので右ヒジのコックが早くほどけ(アーリーリリース)、ヘッドが先行してアッパー軌道になってしまうのです。

 

しかし、原因がはっきりしているので修正するのは簡単です。
一番のポイントは。、ダウンスイングと同時に左肩を左へスライドさせることです。

 

これによって手元も左に動くのでヘッドが先行し過ぎず、今までと同じ腕の振り方でも自然とハンドファーストをキープ出来ちゃいます。

 

その結果、スイング軌道の最下点が左足方向に移動して、ダウンブローでインパクトを迎えることが可能となります。

左肩のスライドのコツを紹介

意識したことがない「左肩のスライド」動かし方も見当がつかなはず
どうすれば身につくのか、コツを紹介

 

ダウンブロー コツ

ダウンすングは腰ではなく左肩から始動する!
 ダウンスイングの始動は、腰ではなく左肩のスライドから始めます。
左肩は最初からターンさせている(背中側に引く)人が多いですが、これだとスライドできずにアーリーリリースになったり、アウトサイドイン軌道になったりします。

 

 スライドと言ってますが、その言葉どおりに左肩を目標方向に平行移動させてしまうと、体の回転に伴って左肩だターンしてしまいます。

 

ですから左肩を動かす方向は、体の左前方の斜め下にしましょう。
詳しく言うと、左足の外側と飛球線が交差した地点に向けて左肩甲骨を動かすイメージです。

 

この時、左足母指丘の体重が乗るようにすると、体の回転も加わることで、左肩は結果的に目標方向へスライドします。

 

左肩は左足の外側の真上に来るところまで動かしましょう。

 

このスライドが身につけば、あなたのゴルフ スイングは7割方完成です。

左肩のターンを身に付ける

左肩をスライドさせただけでは、スイングは未完成
フィニッシュに向けて左肩をターンさせましょう。
それで完璧なダウンブローになります。

 

ゴルフスイング ダウンブロー

インパクトで胸が左を向くから球がつかまる
 左肩のスライドによってスイング起動が左に移動したぶん、このままではフェースがターンしてスクエアに戻る前に(開いて)ボールに当たることになります。

 

これを解消するために、ボールをつかまえる動きが必要になります。

 

しかし、これも難しい事ではありません。
左肩をスライドさせた次の瞬間から、真後ろに引き始めるだけ、つまり左肩をターンさせるわけです。

 

そうするとクラブがインサイドアウトに振り抜かれ、ダウンスイングで開いていたフェースが、インパクトではスクエアに戻ります。

 

左肩リード理論の基礎 スライド&ターンで飛距離を伸ばす方法

 

正しいゴルフスイングが飛距離もスコアもアップする

正しいゴルフスイングのコツをマスターすれば、飛距離を伸ばすことができるでしょう。

 

そのためには、正しいゴルフスイングの基本を理解することが大切です。

 

もちろん頭でゴルフスイングを理解していても、体がその通り動いてくれなければ上手くスイングできるわけではありません。

 

しかし、ゴルフスイングのイメージを作り上げて、それに向かって自分の体を動かすようにしましょう。
テイクバック、フォロースルーなど基本をマスターしていない状態で、雑誌になどの特集に出てくるプロのスイングを真似しても変な癖がついて良い事は一つもありません。

 

まずは教科書に載っているような基本的なゴルフスイングをマスターすることから始めましょう。

 

グリップの握り方、クラブの構え方、腕と足の角度など細かい点をチェックしてください。
自分では、どのようなスイングをしているかわからないので、ビデオや携帯アプリで録画するとよいでしょう。

 

それをじっくりと観察し、基本ができるようになってから、応用の段階に進みましょう。

 

もちろん、スイングのコツをつかんだら上達は早いはず、何事も基本が大切です。

 

あなたがゴルフの初心者なら、プロのスイングを見て真似をすることは止めてください。

 

プロと同じゴルフスイングが出来るはずはないのです。
プロのスイングは長年の経験から自分なりに納得できるスイングになっています。

 

見よう見まねでマスターできるほど簡単ではありません。

 

正しいゴルフスイングをマスターしたら、コースに出て飛距離とスコアが伸びていることを実感できると思います。

ドライバーのスイングは左肩を水平移動させる
ドライバーをフルスイングでスイングするためには、左肩を目標方向へ水平移動できるかがポイントとなります。

 

左肩を水平移動させるには、アドレスの状態からテークバック、トップへクラブを振り上げた時に左肩がどのあたりの位置にあるかが重要なチェックポイントとなります。

 

普通はクラブを振り上げる時に、左肩は目標方向と逆の方向へ水平移動させるように、後ろへ引くようにして動かします。

 

この時にアドレスで構えた時に右肩のあったポジションへと左肩を持っていくイメージでスイングすると、左肩をスムーズに正しい位置へ収まるような水平移動がしやすくなります。

 

 

左肩を積極的に回す
ドライバーでは、ダウンスイング以降は、左肩を積極的に回すことで、体重が乗った球を打つことができます。
フィニッシュで、胸の面が目標方向と平行になるまで左肩をターンさせます。

 

左肩を十分に回せるようになると、左腕を長く大きく使ってスイングできるようになり、それと連動する形で右腕も上手く使えるようになるため、体の右サイドのターンもよりキレのあるゴルフスイングができるようになります。

 

右手で強く球を叩いてしまう癖がある方は、ティーアップの位置を左方向へずらして打つ練習も効果的です。
ボールの位置を左サイドにセットすると、より、左足へ体重を移してボールを打てるようになります。

 

 

左肩を上げないよう意識する
インパクトでは、なるべく左肩を上げないように意識してスイングしましょう。
左肩が上げってしまうとクラブのフェースが開きやすくなるため、スライスボールが出やすくなってしまいます。
左肩が上がってしまう原因の一つに、インパクトの時に右足に体重がかかりすぎている場合があります。

 

そんな時は、ダウンスイングの切り返しで左肩を低い位置に保ったまま、体重を左足へスムーズに移動させる意識を持つと、少しずつ改善します。
フィニッシュでは、腰も目標方向にしっかり向けるイメージを持ってスイングすると、より左足へと体重が乗るスイングへと変わっていきます。

 

 

インパクトでアドレスと同じ位置に戻るよう意識
インパクトの時に、球と左腕との距離が詰まり過ぎて、左肩が浮き上がってしまう。
または、左肩が後方に引けてしまうなどのクセがある方は、ボールに上手く当たらない「空振り」やボールが高く上がらない、いわゆる「トップボール」が出やすい傾向があります。

 

そのクセを修正するには、インパクト時の左肩の位置がアドレスで構えた時と同じ位置に戻るよう、意識してスイングすると良いでしょう。
また、左手一本でクラブを持ち、左肩を右手でホールドした状態でゆっくりとスイングを繰り返す練習も左肩の暴れを防止する効果があるので、練習場などで一度試してみて下さい。

 

左肩の使い方はゴルフのスイングで重要なチェックポイントの1つです。
紹介したポイントを確認して、安定したゴルフスイングを手に入れましょう!

 

 

左肩を開いてはいけないがゴルフの大原則!
両肩のラインが目標方向に対して、「左」に傾いている状態のことを「左肩が開いた状態」または「右肩が出た状態」といいます。
インパクト時に左肩が開くとクラブヘッドはアウトサイドインのスイング軌道となり、スライスボールが出やすくなります。

 

逆にインパクト時に肩のラインが目標方向に対して平行、もしくは「右向き」の状態であればボールの方向性は安定し飛距離も伸びます。

 

一般的にアマチュアの場合はダウンスイングで左肩が開いてしまう人が多い傾向があります。
ボールの方向性はインパクト時の「肩の向き」で決まると言っても過言ではありません

 

1:アドレスで肩が開かない

  • アドレス(ゴルフクラブを構えること)時は足、腰、両肩のラインが目標方向に対して平行に構えられているかどうかをチェックしましょう。
  • アドレスの状態で肩のラインが右や左を向いている状態でテークバックを開始すると肩のラインが右や左の状態でインパクトを迎えてしまうことになります。
  • アドレスで両肘を伸ばした状態で何も考えずにグリップすると右手は左手より遠くに伸ばそうとして左肩が開いてしまいます。
  • このように、アドレス時に右肩が前に出てしまう場合は右脇をしっかり閉め、左肩を少し右側へ向けた状態で構えることが大切です。
  • 目標方向に対して両肩のラインがやや右方向に向いた状態で構えるのがポイントです

 

 

2:右肩を出さないイメージ

  • 左肩の開きを抑制するには、インパクト時に右肩を前に出さないイメージでスイングする必要があります。
  • アドレスで右肩ではなく左肩を前に出すようにして構えることでスイング中の左肩の開きを抑えることができます。
  • 右肩の動きは左肩の動きと連動しており、右肩が前に出ないようにしてグラブを振ることは左肩を閉じる動きにつながります。
  • なお、バックスイングでは左肩があごの下に来るまで大きく両肩を捻転させます。
  • さらにダウンスイングからインパクトにかけては両肩を反対方向に回していきます。
  • この時、左肩が閉じた状態のインパクトを意識したい場合はここからアドレスの姿勢に一度戻して右肩の動きを止めるイメージでボールを打てるようになると左肩を開かずにインパクトするイメージが掴めます。

 

3: 腰だけ左に向けるイメージ

  • 左肩を開かないインパクトのイメージでボールを打つためにはダウンスイングで腰を右に向けるイメージを持つことが大切です。
  • ダウンスイングでは腰以外の頭や肩やグリップやクラブなどは動かさない意識を持ってクラブを振ることで両肩のラインは平行、または右向きの状態で一気にフィニッシュまで振り切ることができます。
  • 腰を右に向けたインパクトは肩の向きだけでなく、体全体がインパクトで開いてしまいやすい方におすすめです。

 

インパクト時の肩の向きはボールの方向性と飛距離を左右する大事なチェックポイントです。
気になる方はぜひとも左肩を開かない打ち方を身につける練習にトライしてみてはいかがでしょうか?


ホーム RSS購読 サイトマップ