スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

アドレスの基本

プロのゴルフスイング

ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



アドレスの基本

ゴルフで抜群のショットを打ちたいのであれば、アドレスが安定している事が絶対条件ではないでしょうか?

 

アドレスの基本は3つ
体重配分
股関節
ひざの使い方

 

・体重配分
アドレスはやっぱり最初の構えが重要、最初の構えがいい加減だと、スイングに悪影響を及ぼします。

 

殆どの方が、スイングが右から左への体重移動のため、右足側に体重を乗せる事を意識してしまう傾向にあります。

 

しかし、スイングで大切なのは体の軸がしっかりしている事なので、体重をどちらかに乗せてバランスが崩れてしまうのでは意味がないと思います。

 

構えている時は、体重を両足に均等に乗せるイメージで構えましょう。

 

・股関節
この股関節こそがアドレスで最も大事です。

 

股関節から上半身を前に傾ける時に、体重が足の指先に乗っていることがポイントになります。

 

その為、股関節が硬いと、絶対によいスイングはできないと言っても過言ではありません。

 

・ひざ
多くの方が最初のうちは、ひざを曲げてしまっていますが、これは大きな間違いです。

 

体重配分、股関節がしっかりした上で、ひざを曲げてリラックスした構えをするのが良いアドレスになります。

グリップの握り方の種類

グリップの握り方は1つではないので、自分に合ったものをみつけることが重要になります。

 

グリップの握り方

  • インターロッキンググリップ
  • オーバーラッピンググリップ
  • テンフィンガーグリップ

 

・インターロッキンググリップ
インターロッキンググリップは、右手の小指と左手の人差し指をしっかり絡ませる事がポイントです。

 

左手と右手がしっかり握り合う事で両腕の力がバラバラにならず、1つになります。

 

いずれかの腕が動いてしまう人は、力が分散してしまうため、がっちり固めてしまうことで、それを防ぐ事が出来ます。

 

それに、パワーに自信のない人にも効果があります。

 

 

・オーバーラッピンググリップ
オーバーラッピンググリップは、右手の小指を左手に乗せる感覚で握ります。

 

この握り方は、インターロッキンググリップより動きが柔軟ですが、力が分散する可能性が高くなります。

 

 

・テンフィンガーグリップ
その名の通り、全部の指を使用して握ります。

 

野球のバットの握り方とほぼ一緒なので、ベースボールグリップとも言われています。

 

握りやすいのが特徴ですが、どちらにも力が入りやすくなってしまい、打球の方向が傾いてしまう可能性もあると言われています。


ホーム RSS購読 サイトマップ