スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

ロングアイアンのスイングはインサイドアウトの軌道を心がける

<スポンサーリンク>

プロのゴルフスイング

ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



ロングアイアンの打ち方はインサイドアウトの軌道を心がける

5番アイアンではリラックスしてアドレスできるが、4番アイアンを持った途端に力んでしてしまう人がいます。

 

このような人は、スイングでも力の入ったスイングをしてしまいます。

 

力の入ったスイングでは右手と右肩、右ひざの動きが早くなってしまい、このようなスイングではロングアイアンは打ちこなせません。

 

右サイドの動きを抑えるためには、体重を身体の右側に残しておくことが大切となってきます。

 

そのためには、インパクト時に右足が浮かないように注意し、ダウンスイングからインパクト、フォローにつながるまで右足のかかとを地面から上げずにクラブを振ってください。

 

5番アイアンは打てるけれども、4番アイアンは打てないという人は、右足のかかとを確認してください。

 

右足かかとをつけたままスイングしてみましょう。
この時、スライスやボールが上がらないといったミスは少なくなるはずです。

 

ボールが上がらない理由はクラブの軌道にも原因があるようです。

 

アウトサイドインの軌道であればインパクト時にフェースが被ってしまい、ボールは上にあがってくれません。

 

ミドルアイアンあたりまでは、アウトサイドインの軌道でもそれなりにボールは上がってくれますが、4番以上のロングアイアンではゴルフスイングの軌道が弾道にはっきりと出てしまうようです。

 

ロフト角の少ないロングアイアンであれば、インサイドアウトの軌道を心がけましょう。
この軌道であれば、ロフト角以上の弾道が得られるはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ