スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

正しいバックスイングについて

<スポンサーリンク>

プロのゴルフスイング

遂に登場!スコアにコミットするRIZAP GOLF
  • 専属プロコーチのマンツーマンレッスン
  • オリジナルデータシステムによる先端の科学的分析
  • 様々なコース環境を再現し、実践に即したトレーニングが可能
  • オンライン自習システム「シュクダイ」で、毎日プロコーチが徹底指導
あなたのゴルフをデータ分析する実力診断、無料受付中

詳しくはこちらをクリック


ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



無理の無いバックスイングをしよう!

ゴルフスイングのバックスイングでは左腕が地面と平行になった時、クラブのシャフトと左腕が90度になっているか確認しましょう。

 

左親指側のコックが不足している場合は90度にはならず、左親指側のコックがきちんとされている場合は、クラブのシャフトが地面に対して垂直になり左腕とシャフトが90度になえいます。

 

ゴルフスイングのトップの位置では肩が90度以上、腰が45度くらい回転しているか確認してください。
この時、左手甲の向きとクラブフェースの向きが同じ方向を向いている必要があります。
左手首のコックがきちんとされていれば、左手甲の向きとクラブフェースの向きは同じになるはずです。

 

ダウンスイングは左ひざの始動から始まるイメージを持ちましょう。
左足に親指の付け根で地面をグリップする意識を持てば、左ひざの始動からダウンスイングを始めることができます。

 

この時、上半身から動き始めないように注意しましょう。
上半身から動き始めると右肩が落ちてしまったり、体重移動がスムースにいかなかったりします。

 

ダウンスイング時にはテークバックと同じ軌道で下ろしてきません。
同じ軌道で下ろそうとすると、身体が開いている分クラブはアウトサイドから下りてしまうので、無理やり同じ軌道でダウンさせる必要はないでしょう。

 

シャフトが地面と平行になった時、両肩は目標に対してスクエアの状態になり、腰は30度くらい開いています。
両肩と腰に回転差が見られない場合は、ダウンスイングの切り返しが上手に行われていない可能性があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ