スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

バンカーショットの注意点

プロのゴルフスイング

ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



バンカーショットの注意点

バンカーショットでのゴルフスイングで忘れてはならないのが、ボールを直接打つのではなく砂を打つ意識を持つことです。

 

砂をどの方向に、どの角度で飛ばすかが大切になってきます。

 

バンカーでのゴルフスイングでは、サンドウェッジの歯(リーディングエッジ)から打ち込むのではなく、ソールから打ち込むようにしましょう。

 

リーディングエッジから打ち込むと、ヘッドは砂の中にもぐってしまい、その結果ボールは狙った角度で飛ばないばかりか「トップ」や「ザックリ」が出てしまいます。

 

ソールから打ち込むことによって、ソールが砂の中を滑りボールは狙った角度で飛ぶようになります。
多少手前に入ったとしても「ザックリ」などのミスにはつながりにくいと思います。

 

どのような点に注意すれば、そんなスイングが可能になると思いますか?

 

サンドウェッジのソールから打ち込むためには、テークバックからトップにかけてクラブのフェースが常に自分の頭を指すように上げる必要があります。

 

そのためには、テークバックの初期に左手の甲が空を向くようにします。
そのまま手首を折るようにしながら、フェースが自分の頭を指すようにテークバックしてみましょう。

 

バンカーからカップまでの距離が長い時には使えませんが、あごが出ているバンカーショットでは、このゴルフスイングは有効なものになってきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ