スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

低い球筋を生みだすゴルフスイング

<スポンサーリンク>

プロのゴルフスイング

遂に登場!スコアにコミットするRIZAP GOLF
  • 専属プロコーチのマンツーマンレッスン
  • オリジナルデータシステムによる先端の科学的分析
  • 様々なコース環境を再現し、実践に即したトレーニングが可能
  • オンライン自習システム「シュクダイ」で、毎日プロコーチが徹底指導
あなたのゴルフをデータ分析する実力診断、無料受付中

詳しくはこちらをクリック


ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



低い球筋を打つスイングのポイント

ドライバーを打つ時、強いアゲインストの風が吹いていたとします。
高いボールを打ってしまうと、風の影響を受けてしまい飛距離が落ちてしまいます。

 

低い球筋の球を打てば風の影響は少なくなるので、できるだけ低い弾道になるような打ち方を身につけたいものです。

 

ゴルフスイングで低い弾道の球を打つためには、どのようなことに気をつけたらよいと思いますか?

 

まず、ティーアップをボールの3分の1くらい通常よりも低くします。
そしてクラブを短く握り、スタンス幅を通常の状態よりも狭くしましょう。

 

漠然とスタンスを狭くすると、球の位置がいろいろと変わってしまうため、スタンスを狭くする時には、必ず右足を左に寄せるようにして狭くしましょう。

 

ボールの位置が変わってしまうと、スイングの形が変わってしまうため、決して良い結果に結びつきません。

 

ボールと左足の関係が変化しないように、右足を移動させましょう。
スタンスを狭くしてとしても、スイングは通常のスイングを心がけてください。

 

ティーアップする場所も慎重に選びたいものです。
通常よりもティーアップを低くしますが、自分の足場よりも高い位置にティーアップしてしまうと、ティーを低くした効果は無くなってしまいます。

 

低いボールを打ちたい時はこんな場所を避け、適当な場所が見つからない場合は、より低くティーアップをすることを心掛けたほうがよいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ