スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

スイングの上下のずれを修正する方法

プロのゴルフスイング

遂に登場!スコアにコミットするRIZAP GOLF
  • 専属プロコーチのマンツーマンレッスン
  • オリジナルデータシステムによる先端の科学的分析
  • 様々なコース環境を再現し、実践に即したトレーニングが可能
  • オンライン自習システム「シュクダイ」で、毎日プロコーチが徹底指導
あなたのゴルフをデータ分析する実力診断、無料受付中

詳しくはこちらをクリック


ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



ゴルフスイングの上下のずれを修正する方法

スイングの高さがずれないようにするには、テークバックからトップにかけて上体を回転させますが、この時も腰の高さを回転させる必要があります。

 

ゴルフスイングにおける上下のずれは、大きく分けて2種類あると言われています。

 

・ひとつはバックスイングで身体が沈みこんでしまい、ダウンスイングで伸び上がってしまうずれです。
原因はバックスイング時に、ボールを見すぎることにあると言われています。
頭を動かしてはいけないという意識が強すぎるため、右肩が落ちてしまい顔がボールに近づいてしまうようです。

 

頭はトップからダウンスイングにかけては動かさないほうがよいのですが、バックスイング時は無理に固定しなくても良いと思います。
高さを変えない限り、バックスイング時に頭が動くことは問題ないようです。

 

・もうひとつは、伸び上がったあとに沈み込んでしまうずれです。
ずれを直すためには、バックスイング時に右足の内側に力を入れてみるとよいかもれません。
右足の内側に力を入れることにより、アドレス時の位置と高さを変えずに腰を回転させることができるようになります。

 

逆に言うと、腰の高さを変えずに上体をひねることができれば、トップでも右ひざの角度はアドレス時と同じものになっているはずです。

 

ゴルフスイング中にどうしても腰の位置が変わってしまう人は、他の人にクラブのグリップエンドで腰を押してもらい、その高さを変えずにスイングする練習をしてみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ