スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

パッティングの距離感を出す方法

プロのゴルフスイング

遂に登場!スコアにコミットするRIZAP GOLF
  • 専属プロコーチのマンツーマンレッスン
  • オリジナルデータシステムによる先端の科学的分析
  • 様々なコース環境を再現し、実践に即したトレーニングが可能
  • オンライン自習システム「シュクダイ」で、毎日プロコーチが徹底指導
あなたのゴルフをデータ分析する実力診断、無料受付中

詳しくはこちらをクリック


ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



パッティングの距離感を出す方法

ゴルフ練習場ではゴルフスイングを練習します。
練習場によっては練習グリーンを備えているところもあります。

 

ドラーバーもゴルフスイングですが、パットもゴルフスイングの1つとしてとらえ、たまには練習しましょう。

 

ゴルフ場のコースには必ず練習グリーンが用意されていますので、コースに出る前に距離感を確認することが大切です。
距離感をつかむためには最初に10メートル、5メートルを打つための振り幅を確認しましょう。

 

平地での距離感をつかんでしまえば、上りのパッティングであれば「振り幅」を大きくし、下りのパッティングであれば「振り幅」を小さくすればいいんです。

 

仕上げには1メートルのショットを30センチほどオーバーさせる練習が効果的といわれています。
いつもショートしてしまう人は、1メートルのショットを1メートルオーバーさせる練習をしましょう。
この練習をしておけば、本番ではちょうど30センチオーバーのパッティングができるはずです。

 

バックスイングとフォロースイングの大きさやスピードが異なっているのは、ストロークが安定していないからです。
同じ振り幅で打っているつもりでも、距離は安定しません。

 

ストロークを安定させるためには、フォローを意識せずインパクトの瞬間に手とヘッドをアドレスの位置に戻すことを強く心がけましょう。

 

バックスイングとフォロースイングのスピードを同じにするためには、ヘッドの重さだけで打つような意識を持つことが重要です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ