フォロースルーで右肩がアゴに当たるまで頭を残してヘッドアップ解消

アン・ソンジュのゴルフスイング アイアンショット

<スポンサーリンク>

アン・ソンジュも苦しんだヘッドアップの解消法

ゴルフスイング ヘッドアップ

フォロースルーで右肩がアゴに当たるまで頭を残す

 

もともとアイアンショットには定評があるアン・ソンジュだが、今年はスイング中にヘッドアップしてしまう事から、ミスショットにつながることが多いと言う。

 

元賞金女王も基本を見直してアイアンショットに切れが戻った。
アン・ソンジュ流ヘッドアップの解消法を紹介

 

インパクト後もボールをしっかり見る意識を高めよう!

 

今シーズンはスイングを変えたわけではありませんでしたが、中盤にアイアンショットが狙ったところに打てない時期がありました。

 

ちょうど首の右側を痛めていた時期と重なっていました。
痛みをかばうために、無意識のうちにダウンスイングからインパクトにかけて頭が早く上がる、ヘッドアップになっていました。

ゴルフスイング ヘッドアップ解消法

ヘッドアップをすると体の軸がブレて、ミート率が悪くなるだけでなく、ダブリやトップといったミスも出ていました。

 

アマチュアの方もトップスイングまではボールを見ていて、ダウンスイングから頭が早く上がってミスをする人が多くいるようです。

 

アン・ソンジュも首を痛めたことで、頭を上げない重要性に気が付きました。

 

ヘッドアップをしない為に気をつけているのは、インパクトまでしっかりボールを見て、フォロースルーでもボールがあった場所を見続けることです。

 

フォロースルーで右肩がアゴに当たるぐらいまで見続けることで、ヘッドアップは防げます。

 

軸が安定して体の上下動も抑えられるのでミート率が高くなり、狙ったところに打てるようになりました。

体幹軸スイングプログラムはこんな悩みを解決します!

体幹軸 ゴルフスイング

  • ボールがボールがスライス・フックしてまっすぐ飛ばない
  • 雑誌やテレビの練習法を試しているが上手くなっている実感が無い
  • 志導するプロによって内容がみんなバラバラ。何を信じればよいか分からない
  • 体力が落ち、年々飛距離が落ちている
  • コースに出ると練習通りにボールがコントロールできない
  • 今の練習のやり方で、ゴルフが本当に上手くなるのか不安
  • そもそも自分のスイングの何をどう直したらいいか分からない

 

飛距離が伸びない、ゴルフが上達しない理由はいたって簡単!
年齢、パワー、運動神経、経験年数、センスは一切関係ありません。

 

体幹軸スイングをマスターすれば

  • 飛距離
  • 距離感
  • コントロール

全てをマスターする事ができまます。

 

ゴルフでスムーズにスコアを伸ばす人となかなか上達しない人の違いは、上達法を「知っているか・知らないか」の違いなのです。

 

あなたも体幹軸スイングをマスターして、思い通りのボールコントロールで、ボールの飛距離アップを目指しませんか?

 

ゴルフスイング


ホーム RSS購読 サイトマップ