スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

上達するための練習法

<スポンサーリンク>

プロのゴルフスイング

遂に登場!スコアにコミットするRIZAP GOLF
  • 専属プロコーチのマンツーマンレッスン
  • オリジナルデータシステムによる先端の科学的分析
  • 様々なコース環境を再現し、実践に即したトレーニングが可能
  • オンライン自習システム「シュクダイ」で、毎日プロコーチが徹底指導
あなたのゴルフをデータ分析する実力診断、無料受付中

詳しくはこちらをクリック


ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



打ちっぱなしで行う練習方法

打ちっぱなしに行ってただ打つだけでは上手くなれません。

 

しっかりと目標を定めて練習をしましょう。

 

目標を定めずにただ適当に打っている人も多いですが、効果的な練習方法とはいえません。

 

練習から目標を定めて打たないと本番で狙ったところに打つのは不可能です。

 

必ず本番を想定して練習するようにしてください。

 

これが打ちっぱなしで練習をする時に最も重要なことです。

 

また、打ちっぱなしに行った場合は素振りやアプローチの練習から始めるようにしてください。

 

これで体をほぐしてから練習しないと怪我をする恐れがあります。

 

ボールの位置を変えながら打つというのも効果的な練習方法です。

 

これにより状況に応じた打ち方ができるようになります。

 

やみくもに打たずに一つ一つ確認しながら打つようにしてください。

 

スタンスがどうなのか、グリップはこれでいいのか、といったことを確認しながら練習すると上達が早いです。

 

打ちっぱなしだからこそ色々試せるので、試したいことは積極的に行ってください。

自宅でもできる効果的な練習

ゴルフの練習は自宅でもすることができます。

 

おすすめの練習は次のようなものです。

  • 素振り
  • パット練習
  • アプローチ練習

 

スイングを安定させるには素振りがもってこいです。

 

スイングが不安定だと狙った場所に打つことができませんし、飛距離も出ません。

 

素振りをする場合は、1回1回フォームを確認しながら行うようにしてください。

 

適当に行ってしまうと誤ったフォームが身についてしまいます。

 

パターマットを購入して、パット練習をするのもいいでしょう。

 

パターマットはそれほど高くないので、簡単に手に入れられるはずです。

 

スコアを伸ばすにはパターがポイントになるので、自宅でしっかりと練習してください。

 

1.5メートルの距離を正確にカップインできるまで頑張ってください。

 

そして、アプローチ練習も自宅で行いましょう。

 

アプローチが上達すれば、パーを取れやすくなるので飛躍的にスコアが良くなります。

 

やわらかいアプローチの練習用ボールを購入すれば、物にぶつかっても壊れません。

ゴルフの上達と運動神経の関係

上手くならないのは運動神経が良くないからと思っている人はいませんか?

 

たしかにサッカーや野球など他のスポーツだと運動神経が大きく関係する場合があります。

 

しかし、ゴルフの場合、運動神経はほとんど関係ないと思っていいでしょう。

 

運動神経が悪くてもゴルフが上手い人はたくさんいます。

 

そのため、上達しないのは運動神経が悪いせいだと思わないほうが良いでしょう。

 

ゴルフは他のスポーツのように走ったり、投げたり、ジャンプしたりすることがありません。

 

身体能力がプレイにそれほど影響を与えるスポーツではないので、どなたでも楽しむことができますし、上手くなることができます。

 

体力も使わないスポーツなので、高齢者になってもプレイが可能です。

 

こんなスポーツは滅多になく、貴重だといえます。

 

運動神経が悪くても理論を勉強して、しっかりと練習をすれば、上達するので安心してください。

 

スポーツが苦手だけど体を動かしたいという人はゴルフを始めてみるのもいいかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ