スコアが悪いのをゴルフクラブのせいにしていませんか?

正しいアドレスとは

<スポンサーリンク>

プロのゴルフスイング

遂に登場!スコアにコミットするRIZAP GOLF
  • 専属プロコーチのマンツーマンレッスン
  • オリジナルデータシステムによる先端の科学的分析
  • 様々なコース環境を再現し、実践に即したトレーニングが可能
  • オンライン自習システム「シュクダイ」で、毎日プロコーチが徹底指導
あなたのゴルフをデータ分析する実力診断、無料受付中

詳しくはこちらをクリック


ゴルフスイング


ゴルフスイングは奥が深い
  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
ゴルフが上達すればするほど、悩みは深くなっていき多くなっていきます。
ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なゴルフスイングと飛距離に憧れて参考にしています。

当サイトでは、最新のゴルフスイングを紹介しているので、是非参考にしてください。

ゴルフ スイング 連続写真



正しいアドレスのとりかた

ゴルフスイングはアドレスから始まります。
正しいアドレスが行われないと、正しいゴルフスイングにつながっていきません。

 

アドレスは右肩が右足甲の真上にくるようにセットします。
右肩が右足甲よりも前に出てしまう前傾しすぎたアドレスや、逆の起きすぎたアドレスは身体の回転を邪魔するものになります。
また、バックスイング時の上体の水平移動や上下運動につながってしまうのです。

 

自分の体重は親指の付け根にかけましょう。
そして、肩のラインは地面に対して平行にします。
しかし、右手のほうが左手よりもクラブの下を持つので、その分右肩は下がってきます。

 

両腕はリラックスさせ、肩の力を抜くことが大切です。
左右のつま先はスクエアに構えることが基本ですが、右足のつま先は15度くらい開いてもいいようです。

 

バックスイングのきっかけが上手につかめない人は「チンバック」してもいいでしょう。
「チンバック」とはバックスイングの始動時に自分のあごを右側に向けることです。
上体を上手にひねることのできない人は、チンバックをきっかけに左肩をスムーズに入れることもできます。

 

バックスイング時はクラブのグリップエンドが「へそ」を指すようにします。
身体の回転のみでテークバックできていれば、グリップエンドは「へそ」を指しているはずです。
腕や手首のコックを利用してバックスイングを行うと、グリップエンドの位置がずれてきます。

 

バックスイングでクラブシャフトが地面と平行になった時に、右ひじが曲がり始めます。


ホーム RSS購読 サイトマップ