ゴルフスイングの基本 ゴルフスイング理論

プロのゴルフスイングから学ぶ 最新ゴルフスイング理論

<スポンサーリンク>

イボミ スイング

イボミ ゴルフスイング

イボミのスイングは体重移動を意識しません!
肩でも腰でもないお尻を回転させるんです!

イボミ スイング

決して強振しないイボミのドライバーショット、ゆったり見えるのはスイングリズムが良く、バランスが良いからです。

 

イボミがスイングで一番大事にしている事はインパクトです。
インパクトでフェース面が正確に戻らせるために、その場でクルッと回転することを意識しているそうです。

 

その場で回れば腕の通り道が出来、結果スムーズな左腕リードで振る事が出来ます。
左右によじれない球はこの回転力から生まれています。

 

 

ポイント1:始動30センチを真っすぐ引く

  • インパクトでの左腕の形を大事にしているイボミ。
  • 左手首、左腕の角度を崩さないように始動。
  • ここで慌てて上げてしまうと、左腕の形は崩れてしまう。
  • 低く長くゆっくり動かすのがポイント

 

ポイント2:右ひじをわき腹につけて下ろす

  • クラブのエネルギーを効率よく出すのが上手いイボミ。
  • ダウンスイングで右ひじをわき腹につけることで、クラブが体の近くを通り力が逃げない。
  • 強く、正確なインパクトを迎えることが出来ます。

 

ポイント3:左足をインパクトまで我慢しておく

  • 正確なインパクトを生み出すには両腕のアングルが崩れない事が重要。
  • ダウンスイングで右足(右ひざ)が前に出ないように我慢すると、両腕の形がキープ出来ます

 

イボミ ドライバー

松山秀樹 ゴルフスイング

両ひじが常にアバラ骨の前にある体幹スイングの教科書

松山英樹 ゴルフスイング

体幹スイングの大きな特徴は、腕のポジション。
スイング中、両腕は必ず胸の正面にあります。
このカタチがツアーで最も上手くできているのが松山秀樹で腕を使って振る感じが全くありません。

 

パワーやスピードは松山秀樹の真似は出来なくても、各ポジションでの形は基本に忠実なので大いに参考にすべきです。

 

アドレスの時点で両わきをきちんと締めると、両ひじの間隔が狭くなります。
同時にヒジは左右のアバラ骨を指すようになる。
その形をキープしたまま体の回転でクラブを振れば、バックスイングからフォロー、さらにはフィニッシュんこ直前まで両ヒジはアバラ骨の前からはずれません。

 

体幹で振り続ける大きなポイント

  • ①脇をきちんと締めてヒジをしぼる感覚で構える
  • ②手をいっさい使わず体の回転でスイングをスタート
  • ③~⑥しぼった両ヒジは終始狭い感覚をキープ
  • インパクト後も体の回転で振り続けているので腕をたたむタイミングが遅い
  • ⑨フィニッシュ直前まで両ヒジがアバラ骨の前にあるので、手が高く上がっていく

松山英樹スイング

石川遼 ゴルフスイング

石川遼の強烈インパクトは『頭、左肩、左手甲』の形が崩れない!

石川遼 ゴルフスイング

石川遼の飛ばしの秘けつは、強烈なインパクトにある!
アドレスの時に出来た頭と左肩、左手甲を結んだ三角形をインパクトでも崩さず打つからボールを強くたたける!

 

石川遼 スイング

このカタチを真似るポイントは、じつはフォローの形あります。

 

ツアープロのレッスンは、さすがといえるお役立ちテクニックで、それだけでも飛距離アップはかないます。

 

しかし、ずっと飛ばずに悩んでいるアマチュアゴルファーは、そのレッスンにもう一つ加えることが重要です。

 

石川遼のインパクトならば『インパクト+フォロースルーも真似る』
そうすると、強くたたけるインパクトがマスター出来ます。

ローリー・マキロイ ゴルフスイング

回転するスピードが上がるほどフィニッシュはきれいに決まり、飛距離は伸びる

ローリー・マキロイ ゴルフスイング

 

平均飛距離が300ヤードを超えるマキロイのゴルフスイングは”フルターンスイング”
インパクトでボールを強くたたくのではなく、体全体を鋭くスピーディに回す回転力で飛ばしていきます。

 

勢いよく振り切ってもフィニッシュでピタッと止まれるのは、回転力の強さの賜物。
体を回すスピードが上がれば上がるほど、コマと同じように軸や重心が安定するので、マキロイのように振り切った後も長く静止できるバランスのいいフィニッシュが取れるようになります。

 

ローリー・マキロイ スイング

スピーディな回転を生むコツは、コッキングです。
マキロイは、バックスイングでもフォローでも、クラブが腰より高い位置に上がった時にコックを積極的に使っています。

 

コック使うとヘッドの惰性が上がるので、体の回転も勢いが付きます
これが体をより大きくスピーディに回す動きをサポートしてくれるんです。

 

コックを使って回転力を上げるとヘッドスピードが上がるのはもちろん、重心も安定するので、体も手元も上下左右にブレません。

 

フェース上の一番飛ぶポイントで止まるフィニッシュが自然に取れるようになります。

アダム・スコット ゴルフスイング

アマの9割が上達できる!ビシッ!!と振り切るスイング

アダムスコット ゴルフスイング

振り抜きのいいスイングは、単にカッコいいだけではない!
100や90をずっと切れない人や100を行ったり来たり人も、上達の秘訣は振り抜くスイングにあるようです。

 

アダム・スコットは、2014年USPGAツアーのバーディアベレージ(1ラウンドに獲るバーディの平均数)2位(4.24個)。
バーディを量産するショットメーカーです。

 

スイングで注目したいのは、両腕を二辺とした二等辺三角形がフィニッシュの直前まで崩れないところです。

 

クラブを隠すと、まるでアイアンのライン出しや林の中から脱出するコントロールショットのようですが、これは方向性を上げるためだけの動きではありません。

 

アダムスコット ドライバースイング

フォローを勢いよくスピーディーに振り抜こうとすると、腕を使って振ろうとしがちですが、大切なのあくまでも体の回転です。
体の回転を止めずに左へ回し続けながら腕を振ることが、インパクトの安定や飛距離アップに繋がります。

 

「腕に頼らず体の回転で振り抜く」を頭に置いてスイングすると、短期間でショットのレベルが上がりますよ。

タイガーウッズ ゴルフスイング

タイガーウッズ ゴルフスイング

新しいタイガーのスイングは、アドレスからフィニッシュまで、上半身を右にやや倒していることが特徴のひとつです。

 

これまでは痛めていたヒザなどへの負担を軽くすためか、軸を立て左軸でスイングしていました。
これは、再現性という点ではメリットがありましたが、体のタテの動きを使いづらいというデメリットも持ち合わせています。

 

新しいスイングでは、上半身の軸を傾けたことで、お腹の前にふところが出来、大きな筋肉をしっかり使えています。
これにより、ヒザへピンポイントに力がかかる事が無くなると同時に、切り返した後に左足の付け根部分が動くようになりました。

 

インパクト前後に体の左サイドの『屈曲⇒回転⇒伸展』というタテの動きが見られるのは、その効果でしょう。
腰の位置をブラすことなく大きな筋肉で振れる、効率の良い動きです。

 

また、飛球線後方から見てわかるのは、フェースをオープンに使っていたためか、振り遅れが目立っていました。
それに加えて左ウエイトだったため、球をつぶしてスライス、というように見える動きが見につきました。

 

スクエアに構えてドローを打つというイメージは沸いてこなかったのではないかと思われます。

 

加えて新しいスイングでは、以前よりフェースを閉じて使うようになりました。
さらに、ダウンスイングでの左腕の外旋(ローテーション)でフェースをかぶせるように使っています。

 

この二つの動きにより、振り遅れを防ぎ、つかまりが良くなったことが新しいスイングの特徴です。

 

よくあったプッシュのミスを減らし、飛距離さらに伸ばすために有効なスイング改造ではないでしょうか。

タイガーウッズ ドライバースイング

ドライバーの打ち方 テクニック

怖がらずビックドライブでゴルフの爽快さを味わおう!
隣のコースまで曲がる・・・
100ヤードも飛ばなかった・・・
そんなミスを繰り返してしまう100叩きゴルファーは『ドライバーなんてなければいいのに!もうドライバーは使わない!』と、一度は思ったことがあるでしょう。
しかし、ドライバーほど気持ちよさをたくさん味わえるクラブはありません。
ドライバーだけは、決まった距離を打つクラブではなく、遠くへ飛ばしてもいんです。
人より先に飛んでいると、単純にうれしくなるのもです。
もちろん遠くへ真っすぐ飛ばせばスコアも良くなりますが、その気持ちよさを体感してほしいので、そのために必要な、ドライバー上達のヒントを紹介します。

 

思いっきり振り抜て遠くへ飛ばす!

フルスイングしても飛距離が伸びない人は、力を抜いた切り返し~フォローで思いっきり振り抜きましょう!
飛ばそうと意識すると、インパクトのタイミングがズレやすくなります。
それを防ぐには、切り返しからフォローまで思いっきり振り抜くことが大切です。
そして、とにかく打ち急がないこと、打ち急いでしまうと、切り返しからダウンスイングで腕だけを早く振り下ろしてしまいがちになり、腕が先行したインパクトになってしまうのでヒッカケがが出やすくなります。
振り抜きは気持ちも大切で、『振り抜こう!』と思って振れば、その通りになります。
練習の時から、そういう気持ちをもって”マン振り”を繰り返してください。
コツとしては、腕を早く下ろす意識はNG、下半身の動きと連動させる。インパクトよりフォローでの振り抜きを意識しましょう。
ボールに合わせに行くと、腕が先行してヒッカケなどが出やすくなるので、点ではなく線でボールをとらえるイメージを持つとよいでしょう。

 

下半身の使い方がよくわからない人は、脱力しながらインパクトで右腰を回す

飛ばしたい時は、上半身を脱力したまま振るのがポイントです。
グリッププレッシャーを弱めることから始めて、インパクトでスイングスピードがMAXになるように振りましょう。
アマチュアの多くは、切り返しで早く振る意識が強すぎて、ボールに最大限の力を伝えられていません。
インパクト手前から徐々に加速しはじめて、インパクトで最高速度になるイメージでスイングしてください。
インパクトゾーンで右腰を押し出すように回していくことがコツになります。
正しい前傾姿勢なを作ることができれば、飛ばせるアドレスが作れる
背骨が真っすぐのアドレスなら腰を素早くターンできる
上体が起きたアドレスでは腰が回しにくいので、飛距離が出ないし腰を正しく回せません。
正しい前傾姿勢が作れていないと、上体が起きたりクラブが寝てしまうので、飛ばせるインパクトが作れません。

 

飛ばすドライバーショットと曲げないドライバーショットを打ち分けたい人

基本的に飛ばす時もコントロール重視の時も、力感やスピードは変えなくてもOKです。
変えるのはティの高さやグリップと打点を変えるだけで、打ち分けることができます。
飛ばしたい時は、ティを高めに設定して少しトゥ寄りにヒットさせるイメージで振ります。
トゥヒットは、ギア効果でボールに左回転がかかるので、ドローボールが出やすくなり飛距離がでます。
ボールの上をヒットしてしまうと飛ばないので、ボールの少し下を見ながら打つといいです。
コントロールしたい時は、ティを低くしグリップを指3本ぶんくらい短く持ちましょう。
グリップを短く持つだけでもミート率が大幅にアップするので、コントロールした球が打てるようになります。
打点はフェースラインラインでヒット、クラウンの目印を使ってフェースのセンターにしっかりセット、フェース向きも被ったり開いたりしないように注意しましょう。

 

とにかくヘアウェイキープしたい人

ドライバーの方向性に悩む人の多くは、アドレスが目標を向いていないのが原因です。
まずは、正しいアドレスの向きを作ることを心がけましょう。
身体のラインを目標に向けるスクエアなアドレスは、スパットを参考に作ります。
はじめに、ボールの後ろから目標を見て、ボールと目標を結んだ線上のボール付近の1メートル前後に2つ見つけるのがポイント!
2個のスパットを結んだ線を参考に体の向きを合わせると、スクエアなアドレスが作りやすくなります。
スイング中に意識したいのが首の付け根、ここを回転させるイメージを持つと、体全体を動かせるので、手打ちにならずに再現性の高いスイングで振れます。

 

身体のブレを抑えショットを安定させたい人

ショットに乱れは下半身の乱れにあると言われています。
だからと言って、ベタ足で無理に下半身の動きを抑えようとするのはNG。
下半身の動きすぎよりも、動きすぎを抑えようとして負担がかかり、結果的に悪い動きになってしまいます。
ショットを安定させるためには、まず体を大きく回してスムーズに振ることを心がげて下さい。
身体が回りやすいようにスタンスは肩幅ぐらい狭めて、お腹に力を入れて振ると、ナイスショットが増えるはずです。
ただし、体を大きく回す時は、トップでの回りすぎに気を付けてください。
回りすぎると腕やクラブが体から外れてしまうので、インパクトでのヘッド入り方やフェースの向きが安定しません。
トップは回れる範囲まででOK.
胸の前から手元を外さない意識をもって、体と腕とクラブを同調させてください。
正しいトップは、手が高く上がっても手元は胸の前にあります。
それ以上回すと手打ちになるので、体と腕の同調を意識して回しましょう。
肩幅くらいのスタンスは、体を回転させやすい。
お腹に力を入れて、スタンス幅からはみ出さないように振ると、体のブレを抑えれれます。

 

飛距離が伸びないと悩んでいる人

飛距離を伸ばしたいなら、右股関節に体重を乗せてコンパクトなトップを作る、切り返しやすいトップはボールにパワーを伝えやすくなります。
ボールが飛ばないと悩んでいる人は、オーバースイングによる振り遅れが原因の一つかもしれません。
オーバースイングのトップで体の右サイドが伸び上がると、上体が目標方向に流れて左足体重になってしまいます。
このトップから振り下ろすにはパワーがいるし、軌道もずれているので戻すのが大変です。
そこから、振り遅れないように無理に手で下すと、手打ちになるので打点のズレを招いてしまいます。
身体が柔らかい人のトップが、多少大きくなるのはOKですが、切り返しにくくなるのはNGです。
体重を右股関節でしっかりと受け止めて、右サイドの伸び上げりを防ぐよう心掛けてください。
トップがコンパクトになると、パワーをボールに伝えられるダウンスイングやインパクトになるので、すぐに飛距離が伸びます。
切り返しで、手元が体の近くを通るように下すと、体の回転と腕の振りが同調するので、筋力以上のスピードとパワーが出せるようになります。
トップまでに体重を右股関節に乗せると、自然とコンパクトな位置に収まります。
お腹に力を入れるのも、右サイドの伸び上がりを防ぐコツになります。
振り遅れの原因は、オーバースイングによる右サイドの伸び上がりにあり、バックスイング中に右股関節に体重を乗せ、クラブを上げるのと一緒に腰が回りすぎるのを防ぎましょう。

 

スライス防止はヘッドのトゥを目標にガッツリ出す

真っすぐ飛ばそうとして、インパクトでフェース面をターゲットに向けて真っすぐ出す人が多いともいます。
これは間違いではありませんが、フェースの面を意識しすぎるとフェースターンが遅くなり、スライスやプッシュアウトが出やすくなります。
これが突然の右OBを招いてしまうんです。
このミスを防ぐには、フェース面ではなくヘッドのトゥ(先端)を目標に出していきましょう。
この意識をもてば、フェースが返りやすくなってボールがつかまり、結果左に曲がることはあっても、右方向へのミスはなくなるはずです。
インパクト以降のフェースターンや腕のローテーションが上手くできない人に効果的です。

 

カット打ちのスライスを撲滅、インサイドアウトの軌道でスライスがドローに変わる
方向性アップの秘訣は上半身と下半身の回転をシンクロさせる
ドライバーを持つと飛ばそうとして、腕主体のスイングになる人が多いようです。
そうなると、肩が突っ込んで

 

プロゴルファーのスイング理論

藤田寛之のスイング理論

 藤田寛之のスイング理論で、大切にしていることのひとつに、軸の管理があります。
ゴルフスイングは水平回転の意識が重要だと思うので、その中心となる軸をしっかり意識することは不可欠です。

 

 この軸を感じるために有効なのが、7番アイアンで100ヤードしか打たないスイングです。フルスイングすると、どうしても体の動きの細かところは意識がいかなくなっちゃいますが、距離を抑えて丁寧にスイングするすることで、細部に意識が行き届き、スイング軸は落ちろん、クラブの軌道やヘッドの入り方を確認することができます。

 

 ポイントは肩、腰を水平回転させることと、その回転をフィニッシュまで止めずに振り切ること。
テークバックでは右にしっかり乗り、そこから左に乗って球を打つ。軸と言っても細い糸のような線ではなく、首くらいの太さのある棒を意識してほしいので、その幅の中で右、左と乗る感覚は必要です。

 

 そして、手先を使わずに体の回転だkで100ヤード飛ばしてください。テークバックで上げた軌道を、そのままなぞるように下すイメージです

 

脱力スイング 骨に任せたスイング理論

 力を抜いて体をラクにしてクラブを振れ!
よく耳にするアドバイスだが、どうやって力を抜けばさっぱりわからない・・・

 

骨格どおりに体が動けば、スムースにクラブが動かせる、意識して筋肉を動かそうとすると力んでミスが出ます。
 ゴルフのスイングは、こう動かなければならないという縛りが多いスポーツです。そのため、頭で考えすぎて力みが入り、スムースにクラブが振れなくなるアマチュアの方が多いです。

 

力んでしまう理由は、体のある部分を動かそうという意識によって力を加えようとするからです。
例えば、バックスイングで肩を回そうと考えたとすると、余分な力が入って筋肉が硬直し、逆に体がスムースに回転しません。
すると、ダウンスイングで右肩が前に突っ込む、アウトサイドインのカット軌道になる、コックが早くほどける、フォローで左ヒジが引けるといった間違った動きを引き起こします。

 

それらの動きは、筋肉に意識が向かうために発生するものです。

 

 力みを防ぐには、スイングに対する意識を根本的に改めてください。まず、スイングは部分的な動きではなく、一連の動きと考えましょう。
そして、意識して体を動かすのではなく、自然にそうなってしまう動きに任せて振ることを目指してください。

 

それができると、スイングの再現性を高めることにつながります。

 

 自然とそうなる動きとは、重力と遠心力を利用したスイングから生まれます。その重力と遠心力を利用するためのポイントが、筋肉ではなく骨格に任せることです。
筋肉は体を体を動かす役目を負いますが、力みを入れるとミスを生みます。

 

骨格なり関節なりが自然に動く方向に体を動かせれば、軌道も安定することになります

 

 関節が動く方向は決まっていますから、重力や遠心力に任せてスイングできれば十分です。
例えば腕に力みがなければ、トップの位置まで上げた腕は重量によって引き下ろされますから、腕やクラブが理想的な軌道上をなぞり、しかもヘッドスピードが勝手に上がります。

 

これが、骨に任せたスイングという事です。

 

アドレスではヒザを曲げるのではなく抜くが正解
両ヒザを抜いて立つことで、下半身から力みが取れてバランスを保ちやすくなる


ホーム RSS購読 サイトマップ